潔くかつらは適材適所

帽子が似合う人って、ある意味では得ですが、禿げていても隠せるならいいですよね。
という意味で、60代以降で、よくハットのような、何というのでしょうそういう帽子をかぶっている人がいますが、おしゃれな人なら、やっぱり似合いますよね。

まあそれはさておき、かつらはやっぱりダメかなあと私は思うのですよね。
ガンで抜けてしまっただとかなら、当然専用のかつらをつけても、何も恥ずべきではないと思いますけれど、ファッションウィッグになってくると、私は、過去やった事があったのですが、何とも、なんだかかつらインディアンのようになりましたよ。

ネットで売っているウィッグというのは、半分パーティー用のようなものが、多い気がしますので、そこは失敗しますし、大体かつらは金持ちにしか使わないものでしょうし、男がしているのを見ていて、見苦しいという言い方はいけないにしても、やっぱりそう思います。
音楽をやっている人は別ですけれど、外国人など、禿げていてもそれなりに似合うと思いますよね。
例えば、結構サポートでやっている人など、中年でシャツにチノパンで、中年太りしていても、禿げていても似合うと思います。

かつらは適材適所という感じがします。
本当に若い頃に似合うかつらをして、それなら世間の目が冷たいというのもわかる気がしますよ。

でも、同時に禿げてしまうと、やっぱり髪は長い友達でいたいので、そういうものに手を出す気持ちをよくわかるのですよね。
実は私もつむじ禿を、植毛にしたいと思っている事があります。
結構真面目に考えているのですけれどね。
かつらではありませんが、20万くらいで出来るらしいとの事です。

いきなり、誰が見てもわかるかつらをしている中年というと、大体において、そういうものへの考え方が、少し違うような気はします。
若い人で髪が薄い人も別なのです。
中年で、分かりやすいかつらは、やっぱり潔くなった方が良いのではないかと、私は思います。

ピアニストの髪型につき

うちの父親は宣伝に流されやすい所がありますね。

昔は、さかなを食べると頭が良くなるに流されて、さかなを沢山買ってきたり、そんな感じです。

その父親がよくやっていたのが、わかめや昆布でした。
まだ、父が40になるくらいのころですが、わかめや昆布を沢山食べていたのでした。
仕事のストレスで、やはり抜け毛が多かったのでしょうね。
ともあれ、今はまさしく、逆ウド鈴木のようになっていますけれどね。

そういえば、アインシュタインにしても、バッハやベートーベンにしても(あれはかつらですが)、天才というのは髪型にもこだわるような気もしますね。
なんでなのか分かりませんが、その道を極めた証として、そういう頭にしているのでしょうか。

NHKで、金持ちで、戦前にピアノを買ってもらったピアノ奏者がいました。
戦前、ピアノが買えないので、大正琴という時代にあって、それは目立ったのでしょうね。
その人の10代から20代は、まるで可愛らしい少女ヘアでした。
その頃の女の子はおかっぱが多い中で、少し違った髪型だったのですね。
まるで、少女漫画のような世界だったわけですよ。

それに関して、三つ子の魂百までという感じで、おばさんになったそのピアニストは、まるで黒柳徹子さんや塩沢ときさんに、負けないくらい凄いパーマをかけていました。
あれは印象的でした。
まさしく岡本太郎が入っているような世界だったと未だに思います。
日本のピアニスト業界に、一石を投じた人なだけに、外国語も話せて、全身で「あいあむぴあにすと」という感じですが、それを見ると、昔、どこかのミュージシャンが、こう言っていたのですよ。
外見の作りというより、ファッションセンスがないとミュージシャンとはいえないと、確かにそういう部分もあるかなと、私は思ったのですが、それにしても、あのピアニストは、まさしく芸術は爆発だというより、髪型が爆発していたなあと未だに思っています。
かっこいいですね(そうでしょうか)

髪ブラがどーしてもできない!

ロングヘアでお胸を隠す「髪ブラ」ってすごいエロかわじゃない?
昔からあこがれてロングにしてるんだけど、乳首を隠せる長さまでくるともう毛先ぱさぱさ、枝毛ひどくなっちゃって、直前のところでいつも断念するんだよね~(泣)

でもね!去年彼氏ができて、その人がロングヘアが好きだって言ってるから、「よし!こんどこそがんばるぞ!」って念入りにトリートメントしたり、オイル塗ったりしてがんばってたの!
そしたら、かなーりいい感じに1年くらい伸ばし続けられてて・・・!

でもね、この冬、ぐぐっと痛みが進行してきて・・・
ほんと、もうね、びっくりだよ!?
今までツヤツヤしてなのに、いきなり毛先だけボアって枝毛枝毛のオンパレード!
そりゃ、外出るときは乾燥しないようにそれなりに気は使っていたよ!?
帽子かぶったり、風でぼさぼさにならないようにマフラーでガードしたりも。
でも、もう、そんなレベルでなく、ムリー!
あの、竹ぼうきっていうの?先っぽが何かの枝でごわごわしてる、よく学校の用務員さんとかが使ってるやつ。あれ状態。
え~~~!ってかなりショックだよー!
だって、クリスマス終わって正月でぐーたらしてふと毛先見たら竹ぼうき!だもんねー。
あとちょっとだから、このまま伸ばすことはできるけど、でももう、見た目からパサパサだし、もう、毛先整えたいかもー!

これってなんなのかなぁ?いつも、このくらいの長さで断念するんだもんね。
でも、すっごく長くしてる人は長いでしょ?
髪質なのかな?
生まれつき?
確かにわたしは髪の毛細くてあんまりこしなくて、傷みやすそうな髪質だけどー。
でも、伸ばしたいから髪の毛染めずに、それも今回はちゃんとケアもしてたのに!
もーエクステにしちゃおうかな?
長い人って実はみんなエクステなのかな?
それとも、私のケアの仕方が間違っていたのかな?
あーもーとにかくショック!
彼氏も楽しみにしてたのになー。なんか、ごめんって感じ。
彼氏に、毛先だけ切っていいか、今日聞いてみよ~。

アウトバストリートメント体験談

ヘアケアにお悩みの女性の皆さん、こんにちは。
私が過去実際に使用したしたヘアケア用品について紹介してみたいと思います。ちなみに私の髪質は、やや細めで、ものすごく量が多いです。まるでペルシャ猫のような……と言われたことも。そんな髪を落ち着かせるために、ヘアケア用品でも特に、アウトバストリートメントについて。では早速、一番古いものから。

・椿油
たぶん一番有名かもしれませんね。ヘアオイルは本当にコスパがよくて、高校生の時の私にとっては神様でした。ただ、椿油の使用感としてよく挙げられていますが、重たい! べたつく! 対処法として、洗面器一杯のお湯に一滴だけ落として頭からかぶる、という方法を試していました。あんなに重たいと思って、結局やめてしまいましたが、もしかしたら健康の証拠だったのかも。

・ミルボン ディーセス エストクアル SL
就職してお金ができたときに使っていました。美容室専売品ですが、ドン・キホーテなどでも手に入ります。軽くて、伸びがよくて、サラサラになります。サラサラ過ぎて静電気がものすごかったこと、やっぱりお高いことなどから断念。

・あんず油
今も使っています。椿油でヘアオイル不信になっていた自分を変えてくれました。サラサラはもちろん、油なので、適度にしっとりというか、ストンと落ち着いて見えるくらいの適度な重さ! それから、あんずの良い匂い……もちろんヘアオイルなので、セミロングの長さでたったの二滴しか使いません。コスパ最強です。が、あまりに減らないので、腐ったりしないか心配になることも。

・ホホバオイル+シアバター
現在はまっているもの。元々、ボディ用に自作していたこのホホバとシアを混ぜたオイルですが、ある時髪につけてみたところ……これが本当に良かったんです!ホホバオイルは油というより天然のワックスですから、枝毛になりそうな気配だった毛先がコーティングされてツルツルに。溶かしたシアバターもじんわり浸透して、いかにも髪が健やかになりました、という感じです。ボディ用なのでヘアケア用の量に調整するのが難しく、つけすぎるとポマードで固めたようなテリテリの、怪しい風貌に……

現在メインで使用しているのは、元々のあんず油に、ホホバ・シアの特製オイルをほんの少し混ぜたものです。両方の良いとこ取りができて、達成感もあり、今とっても幸せです。

女性用育毛剤マイナチュレについてはこちらで⇒マイナチュレ効果

癖がある髪の毛はセットが大変

結婚する前は事務員をしていました。その時は茶髪にしたり、パーマや縮毛矯正をかけていました。
結婚してから自営業のお手伝いをしたり、今はスーパーの精肉売り場で働いています。規則で茶髪は駄目なので、黒の状態です。そしてパーマは別に良いと思いますが、いつも髪の毛が入らないようにネットを被って、帽子を被っています。そのような感じなのでいつも仕事に行く時には縛っています。
仕事がお休みの時には気分転換におろして行動したいと思っています。ですが量が多くて途中で首回りに髪の毛があるのが嫌になってしまうのです。それに癖があるのでうねるのが気に食わなくなってしまうのです。そして量が多いのでそれも気になっています。
どうしてもおろしていたい時にはストレートアイロンをかけてきれいな感じになるようにセットしています。
きれいな髪の毛の人を見ると羨ましく感じます。この人は縮毛矯正をしているのか、それとも地毛なのか気になることもあります。ですが流石に聞くことが出来ません。
いつも美容室は決まってほとんどお任せみたいな感じで切ってもらっています。この頃は縛れるぐらいまで短く切って半年に一回ぐらい切りに行っています。
残念なことに長女がくせ毛で、まだ次女はくせがないのでもしかしたら直毛に近い髪質かもしれません。似なくても良いところが似てしまって残念に感じています。
これからずっと付き合っていかなければ髪の毛なので自分に一番あった髪型が見つかればと思っています。
髪は女の命ともいえるかと思いますので、何とか自分の好きなようになってほしいと思っています。
もしかしたら、シャンプーやブラシ、スプレーなどで自分が求めていたものができ上るかもしれません。ですがどれが良いのかもわからないので、これから先どうなるのか気になるところです。
口コミサイトなどを見て自分の髪質にあったものを探そうかとも考えています。もしかしたらそれで解決するかもしれないので見つけてみたいです。

どんな育毛剤でも同じじゃないの?選び方のポイント

初めて育毛剤を使いたいと思った時、どういった商品が良いのか迷ってしまいませんか?市販のものでも色々なメーカーから出ているし、値段もピンキリだったりするし、かと言ってお店の人に聞くのはちょっと恥ずかしい…。ということで、私はとりあえず広告などでよく目にするメジャーな育毛剤を手に取ってみました。
おそらくこれくらいの価格帯であれば、どれも同じようなものではないかな~と考えていたのですが、実はそうではないみたいです。自分の髪の毛や頭皮の状態に合っているものを選ばないと、思ったような効果があらわれないということもあるみたいなのです。
それならば、複数の育毛剤を何種類も同時に使えば、それだけたくさんの成分が吸収されるので効果が高まるのでは?とも考えましたが、どうやらこれも違うみたいです。ただ単純にたくさん使えば良いということではなく、どういった成分が含まれていて、抜け毛や薄毛に効果があるのかということを知っておくことも大切です。たとえば、2種類の育毛剤を使ったとして、その2種類に含まれている成分が同じものですと、適量以上の使用になってしまいますので注意が必要です。
ただし、それぞれが違う効果を持っているというのであれば、より一層の効果が期待出来るかも知れません。違った方向からのアプローチになりますからね。
それと、育毛ケアというのは何も育毛剤だけに限ったことではありませんから、育毛剤の他に専用のシャンプーやコンディショナーを使ってみたり、体の内側からのケアということで育毛に効果があるとされるサプリメントを服用する、といったことを併せて行うのも効果を高めるためには有効だと思います。
どのようなケア商品を選ぶにしても、自分の頭皮や髪の毛の状態をきちんと知っておくことが、最適なケア方法を得るためには必要です。薄毛や抜け毛のタイプや原因というのは、全ての人が同じというわけではなく、人によってそれぞれ違うものですからね。